タグ:ATK ( 2 ) タグの人気記事

 

ATK (アタック)

d0133847_33862.jpg

 固定されたバンド、と考えるよりは、個性あるミュージシャンたちが、その時々に応じて合体する音楽ユニット、と思う方がいいだろうか。よって『ATK』としてはWebサイトなどもない模様だが、その他のユニットとしてはいくつかあるので、サイトリンクはそれらを記載することにする。
 このユニットでの中心となっているのは、Sax担当、青木氏。
 Dr.は狩野丈二氏。
 Ba.はドイツから来たというTommy Jordi氏(ドイツということでファミリーネームは「ヨルディ」でしょう)。
 
 破壊的なまでに激しいドラムを基調に、サックス、ベースが荒れ狂う。バスドラムの音が腹を揺すり、サックスが耳を裂き、ベースが全身をロールさせる。『アタック』の名前にふさわしい、戦場の千変万化を楽しめるユニット。


■関連サイト/URL
Jazz sax player Aokki
・Sax演奏、青木氏のブログ。

2007.512.AOKKI ELECTRICBAND@Miles'Cafe
・青木氏の別編成バンドのライブの模様。マイルスカフェ。

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=kanogeorge
・Dr.狩野丈二氏のサイト。魔法のiらんど。上記Youtube動画のドラムも狩野氏のようである。破壊的なドラム叩き。

ストリートJAZZ
・狩野氏のストリート予定などが書き込まれるとのこと。

web alabama crossover
・狩野氏が参加する別バンド、「alabama crossover」のサイト。
[PR]

by plummet | 2007-10-16 13:40 | [Ph]Artists  

ATK@新宿071010

 
d0133847_0291277.jpg

 久々にこのユニットの音を聴いた。何年ぶりだろうか?
 当時とはベーシストが違っていた(ドイツ人らしい)ので別ユニット名義になっているのかもしれないが。あと、今まで俺はこのユニットのことを「アラバマクロスオーバー」と勘違いしていたのだが、実際には違うバンドだったことが分かった。その辺り、メンバーが入り組んでいたことが勘違いの原因だったようだ。
 まぁそんなことはともかく、気持ちがいい。
 路上に大口径のバスドラ持ち出すのも今では珍しければ、それで遠慮会釈なしにペダル蹴っ飛ばすのもまた珍しい。シンバルもクラッシュだクラッシュだクラッシュだ。スタンド自体が揺れてるぜ。
 基調となるドラムがそんなもんだから、サックスもベースもそいつと戦って激しい激しい。
 ジャズに少しでも興味がある、好きだというなら、このためだけに新宿へ足を運んでも損はすまい。
 
 
 実は、同じ「My Favorite」カテゴリーに入れている『meine meinung』と、レパートリーが数曲かぶっている。ジャズのトラディショナルナンバーだからそういうことがあるのだが、2バンドでまるで印象の違う曲になるのだからおもしろいものだ。
 meimeiの場合、激しさや強さはあるが、それは例えば、社交ダンスの激しさだ。どんなに激しいステップを踏んでも、そこにはどこかしら優美さが感じられる。
 ATKの場合は、そういうスポーティーさとは違う激しさを感じる。ダンス、という喩えを使うのなら、これはハーレムの裏道で、少年達が好き勝手に体を動かすそれだ。
 どちらの方が良いとか優劣があるとかはない。どちらも音楽で、どちらも楽しい。この上なく愉快でステキだ。
 だから、音楽ってやつはステキなのだ。

d0133847_030127.jpg

d0133847_0302252.jpg

d0133847_0304234.jpg

[PR]

by plummet | 2007-10-10 14:09 | [Ph]Favorite!