タグ:立松正宏 ( 2 ) タグの人気記事

 

立松正宏@上野恩賜公園080427

d0133847_3362518.jpg

 “体感アーティスト”であり、サイクルツーリストであり、写真家であり、ヘブンアーティストの大道芸人であり、最近では大学での講演などもしてしまう(本人ブログより)。立松正宏というこの人物の多才さを知るのは後のことだったが、ともあれ、ここ上野公園で遭遇した“体感アーティスト”の気持ちよさは、格別だった。
 
 ミュージシャン紹介のページでも述べたように、人間が原初に“体感”した音楽とは、リズムなのだろうと思う。
 そのリズムを、多くの“音階”とともに繰り出してくる氏の音楽は、文句なしに楽しく、気持ちいい。ましてや、楽器の大半は手作りの(持ち運びが便利なように折りたためるようになっている)木琴。そのたたずまいは、まるで人間が初めて手にした楽器、というプリミティブさを醸し出している。
 
 といって、そこから叩き出す音楽は決して原始的ではない。“音階”という、原始性とは真逆の、音楽文化の精髄がそこには込められている。ブルーズに多用されるブルー・ノートの音階は、こちらがもともとブルーズ好きなせいもあって、ほとんど陶酔するくらいの気持ちで聴いていた。沖縄やアラブの音階も楽しかった。
 そうした“音階”の楽しさを、巧みな話術で、説明して理解させつつ、音楽に引き込むという大道芸人としての「話芸」もまた、見事なものだった。
 
 ブログによると現在風邪で体調を崩されているようだが(喉をやられてしまったとか)、早く元気になって再び上野で巡り会いたいと思う。
 
 
 
[PR]

by plummet | 2008-05-21 03:36 | [Ph]Street Live  

立松正宏【ヘブンアーティスト】

d0133847_2202826.jpg

 たぶん原初の音楽とは、足を踏み鳴らし手を叩き、棒切れで何かをぶっ叩くという、“リズム”ではなかったろうか。だとしたら、人間がもっとも感応するのは打楽器のリズムだろう。その本能を呼び覚まされるから。
『体感アーティスト』を名乗る立松正宏は、そんな空想を真実であると教えてくれるアーティストだ。
 まさに体感。彼のリズムに身をゆだね、カラダをゆすられることの快楽は言葉にしがたい。
 百聞は一見にしかず。この素朴な打楽器たちに囲まれたサイクルスーツの男を見かけたなら、しばし彼の紡ぎ出す音に身を浸してみるといいだろう。




■公式サイト(ブログ)
[Yahoo!ブログ - 音楽&写真は自転車に載せて 「体感アーティスト立松正宏」]
・写真家でもある氏らしい、写真をふんだんに使った活動報告ブログ。


■プロフィールページ(MSNマイスペース)
[体感アーティスト立松正宏 Masahiro Tatematsu]


■mixi内コミュニティ
[[mixi] 体感アーティスト 立松正宏]
[PR]

by plummet | 2008-05-02 02:22 | [Ph]Artists