タグ:注意書き ( 1 ) タグの人気記事

 

このブログについての説明

【本稿最終更新:2007年12月23日(日)】
 

1.概要


 まず初めに、このブログの中身の説明をしておきます。
 id=plummetが街中をうろつき回って、ストリートミュージシャンや“路上のなにものか”を写真に収め、それを紹介していくブログ(にする予定)です。以前は本ブログで散発的にやっていたものを、別ブログとして独立させることにしました。
 主な出没地点は東京の総武・中央線で錦糸町・秋葉原・新宿といった辺りで、命あるうちにその気になったら、代々木公園や池袋にも行ってみたいと思います(←空手形)。
 
 現在、blogの説明用にミュージシャンさんたちにお渡しするネームカードを使っていますが、そこでは『矢代圭吾』という名義を名乗っております。
 
 
 

2.カテゴリ


 ブログ内カテゴリは、次のような分類として使います。

(1)My Favorite
 ストリートミュージシャンの紹介です。その中でも、特に個人的に「大のお気に入り」と言えるミュージシャンを取り上げるカテゴリです。内容自体は(2)と同じです。


(2)Street Live
 同じくストリートミュージシャンの紹介です。街の路上で見かけるストリートライブの様子を写真に収め、紹介します。原則として当人に写真公開の許諾を得たものだけを使っていく予定ですので、写真なしで文字のみでの紹介ということもあります。もちろん「カメラ持ってなかったから」という場合も文字のみになります。そのような「文字のみ」の場合、ミュージシャンさんに「ブログで紹介します」とはわざわざ告げません、たぶん。
 また、一回記事にしたらもうしない、ということではなく、見かけるたび、撮影させてもらうたびに記事にしていく予定です。

 インディーズ、メジャーは問わない方向です。ただし、あんまりにも個人的趣味・好みに合わない(応援できない……と思ってしまう)ミュージシャンは食指が動かないかもしれません。あと、あまりにもファン(観客)が多く、写真が撮れない場合や許諾を得るために近付くのが難しいような場合も同様です(あるんだよそういうのが)。


(3)Artists
 (1)と(2)で紹介したミュージシャンの公式Webサイトやブログなどへのリンクを、「1ミュージシャン=1エントリ」で掲載していく予定です。読者が気になるミュージシャンがいたら、そのエントリから公式サイトへ行けるようにしたいと思っています。
 要するにデータベースっぽいカテゴリです。
 ミュージシャンさんに限らず、大道芸人とか、なにか「ストリートでやっている」人の紹介もここで行っていきます。


(4)Photographs
 路上で見かけた風景・光景・物体・人物など、なにか興趣を誘われて撮影した写真をupしていく予定です。また、写真そのものとか、カメラなど機材の話題もこちらにアップしていくつもりです。
 ミュージシャン以外の、なんらかの『パフォーマンス』を路上で行っている人を撮影し、写真の使用許諾を得られた場合には、このカテゴリで紹介していきたいと思います。そうした方々でも、(3)「Artists」のカテゴリでサイトリンクなどの紹介をします。
 

(5)Mobile Logs
 いわゆるモブログの専用カテゴリです。ケータイからの更新エントリがここに収まります。基本的には、写真付きでエントリを起こしていきます。


(6)Monologue
 雑記的に文章を書いてみるところです。あまり頻繁には更新されないと思います。


 なお、一覧にあるカテゴリ名の頭の[Ph][Tx]は、それぞれ「写真多い」「原則文章のみ」の意味合いくらいのことです。大した意味があるわけではありません。



3.個別の写真について



写真の品質


 ファンの方にもミュージシャンさんに対しても、先に宣言しておきますが、これは低いです。

 ストリートライブは、その多くが日暮れ後、夜になってから行われます。
 そうした場合の撮影では、周辺が非常に暗いために、ぼやっとした写り、ボケた画像になることが多いです。露出不足、露光不足という状態です。
 そうした部分をカバーするために、フォトレタッチを使って写真の明るさを強制的に高めたり、実際のその場の見え方とは違う映像に加工することも多いです。写真ではだいぶ明るいように見えても、現実のその場所は真っ暗だったりすることもあります。このことをまずお断りしておきます。
 
 昼間にストリートライブに行き会った場合には、たぶんちょっとはマシな写真がお見せできると思います。


撮影時


 暗いならストロボ焚けばいいだけじゃん、というつっこみの声が聞こえてきそうですが、撮影者(俺)は基本的に、ミュージシャンさんを撮影する場合ストロボは焚かない方針です(すでに周りで山ほど焚かれている場合には、あきらめ交じりで自分も乗っかってしまうことがありますが)。
 これは第一に、ミュージシャンさんの気を散らせることを避けたい意味合いがあります。特に楽器を操っている場合には。
 第二には、そうするとミュージシャンさん「だけ」はくっきり写るものの、背景が真っ暗になってしまうことがあります。『路上』というのが本ブログのテーマになっていますので、それを消してしまうことはしたくありません。『路上』で躍動するミュージシャンさんを、その場の空気と共に撮影する、ということを目指しています(大言壮語)。
 また、基本的にはポートレートはお願いしません。パフォーマンス中の写真のみ撮影していくつもりでおります。どーしても腕と状況がそれを許さない場合に限ってお願いするかもしれませんが……。

 

転載・転用


 このブログに載せている写真は、基本的に被写体のミュージシャンさん、パフォーマーさんにblog使用の許可を得て載せています。が、転載・転用されることまで想定してOKしていただいているわけではありませんので、このブログからの転載・転用はお断りさせていただきます。
 このブログにリンクを貼ることは構いませんので、別の場所でミュージシャンさんを宣伝したいような場合には、写真を持って行くのではなく、こちらへ誘導するような形でやっていただける方が、問題がなくてよろしいかと思います。公式サイトなどへのリンクも張るようにしていますので、便利に使ってくださって構いません。
 写真に関する責任は撮影者(俺)が負ったまま分散させたくない、ということです。

 また、万が一ファンの方などから「写真データくれよ」と言われても、それは転載・転用と同じことですのでお受けいたしかねます。あらかじめご了承下さい。
 ただしミュージシャンさんご自身からの要望があれば、写真の画像データをCD-ROMなどでお渡しすることは可能です。次にまた会えれば渡せる、というくらいで恐縮ですけれども。


二度目以降の撮影時


 初めての場合、ブログでの使用を前提とした許諾を、説明の上で得るようにしていますが、一度許諾をいただいた方からは、以降「先日はどうも。また使わせてくださいね」くらいの声かけに留まると思います。
 もしそこで「やっぱダメ」と言われたらあきらめます。メジャーデビューするので肖像権が厳しくなったから、今回からダメ……というのは、ありそうですね。
[PR]

by plummet | 2007-12-23 02:31 | [Tx]Read me 1st.