タグ:城直樹 ( 3 ) タグの人気記事

 

城直樹@新宿071217

 この冬一番か、と思われた十二月半ばのある日の夜、職場からの帰りにプラップラと新宿周辺をうろつき周りつつ被写体を探してみた。ホントに寒くて、そのせいかストリートにはパフォーマーが全然いない。まるでいない。
 ――と思っていたら、ひとりだけやっている人がいた。これからパフォーマンスを開始しようと準備をしていた姿を見て、「ああ、もしかして」と思った。
 近付いてみて、記憶に間違いがないことを知った。
 福岡を拠点に活動している、ソロ・アコースティック・ギタリストの、城直樹さんだった。
 
 ご紹介遅れて申し訳ないです (同じネタ
(A` )、  ペコペコ
 ノノ z乙

 ギターを撥弦楽器にも擦弦楽器にも打弦楽器にもしてしまい、かつボディもネックも打楽器にしてしまう、特異なプレイスタイルは一見の価値があると思います。こういうのは生のパフォーマンスで見ないと魅力半減ですが、とりあえず写真をドゾ。
d0133847_521114.jpg

d0133847_5249100.jpg

d0133847_531139.jpg

d0133847_533279.jpg


 言葉を費やしてもこのパフォーマンスの価値は伝わらないと思うので、もっとたくさんの写真もドゾ。Webアルバムです。携帯電話にも対応しているので、ケータイからご覧の方にも見て頂けます。できれば、こちらのリンクから動画なんか見てみてもらいたいです。
http://picasaweb.google.co.jp/y3products/071217
[PR]

by plummet | 2008-01-12 05:14 | [Ph]Favorite!  

城直樹@秋葉原070923

d0133847_0155389.jpg


 一発で惚れたので【My Favorite】カテゴリーに入れてしまう。しかし普段は福岡だということで、東京で見られることは滅多にあるまい。無念。
 
 
 路上ライブ的には壊滅状態だった23日、日曜の秋葉原。しかし夜になってから、いつもよりもゆるやかに、ヨド前広場に炎が上がった。
 城直樹。
 このパフォーマンスを見られただけでもこの日一日、秋葉原を歩き回った価値があった。こういうことがあるから路上はおもしろい。
 
 山男のような風貌。そのワイルドな印象に違わぬアグレッシブなサウンドが彼のギターからは飛び出してくる。個別紹介ページでもリンクを貼っているのだが、http://jp.youtube.com/watch?v=wnyt5PaVpEcで彼のパフォーマンスをその目で「見」て欲しい。「聴」くよりもその方が理解が早い。そういうミュージシャンも珍しいのだろうが。(為念、動画をうpしたのは俺ではない。動画はその時撮ったけども、うpする気はいまんとこなし。苦情が来たらリンクは消します)
 ギターという楽器の、「器」の部分をこれでもかと活用しまくる。
 ギター一本でこれだけの音が生み出せる。楽しくてたまらない。
 
 何より快哉なのは、本当に「ギター一本」だということだ。
 ギタリストが「もっとたくさん音が欲しい」となったら、どうするか。例えばハーモニカをセットする。リズムが欲しければ、足を踏みならす。設備があれば、バスドラを置いたっていい。座ってやれるなら、その気になればバスドラとハイハットくらいならなんとかなる。左手でフレット叩きながら右手で鍵盤を弾くようなことも出来る。
 けれど城直樹はそうではない。本当に、「このギター一本で」出せる音のみで勝負している。
 まさに彼は「ギタリスト」なのだ。パフォーマーよりも、アーティスト・アルチザンよりも、ギタリストなのだ。
「この手の中のギター」がすべて。
 それは制約であると同時に、新しい境地への入口でもあった。

 その境地を垣間見たことの幸せを、俺はその日、秋葉原の路上で噛み締めたのだった。
[PR]

by plummet | 2007-09-29 20:51 | [Ph]Favorite!  

城直樹

d0133847_2139359.jpg

 ギタリスト、ギター奏者。ボーカルはないインストゥルメンタル。
 公式サイト、profileページより抜粋引用。

僕にとって、音楽を扱うためには
最適な楽器だと思える
ギターの音がとても好きだ

しかし、ギターには楽器の構造上いろいろな制約が存在する
出したい音を出すために
表現したいことを表現するために
いろいろな工夫をしなければならない

だから、いろいろな奏法を駆使しての演奏となる

みんな最初は、僕の演奏の奇抜さに驚くことが多いけれど
音楽を聴いて欲しい

『いろいろな奏法』『演奏の奇抜さ』という言葉はそのパフォーマンスを目の当たりにしなければ真実が分からない。ボディに亀裂が走ったギターは伊達じゃない。ギターを破壊するほどの「ひとりバンド」、城直樹の演奏を見よ。
 あ、ブログじゃ無理ですね(・_・)ゞ どうしよう。


■公式サイト
[城直樹公式ウェブサイト]
・というわけで公式サイトにはCDやDVDを販売する通販ページがあります。ブログ(日記)や試聴、通販その他も充実。


■本人ブログ
[Solo Acoustic Guitar and other things]
・公式サイトでのコンテンツとしては、フレーム内表示されているので注意。


■関連サイト
[試聴:城直樹 (じょうなおき)(ジョウナオキ) : 音楽ダウンロード・配信サイト ListenJapan]
・音楽配信サイト。楽曲がDL販売されており、試聴も可能。


■Youtube
http://jp.youtube.com/watch?v=wnyt5PaVpEc
・百聞は一見にしかず。
[PR]

by plummet | 2007-09-29 03:45 | [Ph]Artists