タグ:中村健佐 ( 2 ) タグの人気記事

 

中村健佐@秋葉原070926

d0133847_064098.jpg


 秋葉原の最良スポット(故に通報も結構きびしい)で遭遇。ソロのサックス奏者で、『プロ』ストリートミュージシャン、とのこと。ソロですんで無論ボーカルはありません。
 参考に、看板に貼られていた新聞記事の写真もどぞ。
d0133847_072139.jpg


 オケが軽く入って、そこに主役のサックスを乗せるような感じ。ソフトであまやかなバラードが得意なようでした。オーディエンスには若い人も年配の人も。一番多かったのは妙齢のご婦人方でしたでしょうか。聴く人を選ぶかもしれませんが、ハマったら抜け出せないというタイプかもしんないですね。

 やはりストリート慣れしているというか、休憩用にコンパクトな布チェアーを用意してあったり、PAがしっかりしていたり。演奏もしっかりしているので、見ていて安心感のようなものがありました。落ち着いて聴いていられる。
[PR]

by plummet | 2007-10-03 19:39 | [Ph]Street Live  

中村健佐

d0133847_2143675.jpg

“プロ”のストリートミュージシャンとして活動するサックス奏者。
 公式サイト、プロフィールページより抜粋引用。


  2002年 2月 本田技術研究所を退職し、サックス奏者に転身
            プロストリートミュージシャンとしての活動を本格化する
         5月 初のソロCD’ウィズアウト・ユー’発売
  2003年 4月 2作目CD’フェイド・イントゥ・ライト’発売
  2005年 1月 演奏活動の運営事務局として’KCミュージック’を設立
  2005年 9月 「東京芸術劇場大ホール」
            ストリート活動から1500名を動員するコンサートを開催
  2006年 5月 3作目CD’アイビリーブユー’発売
            サントリーホールにて発売記念コンサートを開催
  2007年 2月、5月
            東海、関西方面へのストリート遠征を行なう

 現在ストリートライブやコンサートの情報希望者数は8000名に達し、ストリート
 ライブを中心に販売されるCD売上総数は転身後5年で4万枚を超えた。
 ストリートミュージシャンであることを基盤とし、そこで出会う人々に更なる
 楽しみを提供すべくホールコンサート、ディナーコンサートを自主開催する。


 ソロのサックス奏者。そういうスタイルのストリートミュージシャンもなかなか出会わないが、しかも“プロ”を称するところがさらに珍しい、異彩を放つ存在。しかしサウンドに奇をてらうようなものはなく、忙しく足を動かす大人達の足をふと止めさせる、優しいバラード。



■公式サイト
[中村健佐オフィシャルサイト]
・本人の楽曲がBGMとして流れるので注意。プロフィールやCD通販、ブログ、BBSなどのコンテンツがある。


■本人ブログ
[ストリートミュージシャン・中村健佐のブログです]
[PR]

by plummet | 2007-10-03 07:17 | [Ph]Artists