タグ:ギター弾き語りデュオ ( 5 ) タグの人気記事

 

同心円@錦糸町090308

 エントリーとしては二回連続登場となった『同心円』のお二人です。この日は珍しい位置取りでのストリートライブとなりました。かの“アンデス楽団”の人たちですらここで演ってるのは見たことありませんw
 今回から、Webアルバムにアップロードした画像を利用してエントリを起こすことにしてみます。画像をクリックすると、Webアルバムの画像ページが別ウインドウで開きます。飛び先ページの『オリジナルサイズを表示』をクリックすると、より大きなサイズ(基本1280だが、今回は撮影時/加工時の原寸なのでさらに倍くらい大きい)の写真を見ることが出来ます。

PENTAX K20D & DA L 18-55mm/3.5-5.6

 前回の写真よりもだいぶ暗い写りになっているのは、この日の位置取りだと光源が近くにないため、そもそもかなり苦しいコンディションだった上に、たまさかレンズがキットレンズ(一眼レフカメラとセットで販売される基本的なレンズ)だったため、性能的に明るく撮れないという二重苦だったからです(T-T)

PENTAX K20D & DA L 18-55mm/3.5-5.6

 

写真レポートの続きはこちら
[PR]

by plummet | 2009-03-12 05:52 | [Ph]Street Live  

同心円@錦糸町090222

 ストリートミュージシャンを撮るのは、実に半年振りになります。
 
 地元・ホームタウンと呼べる錦糸町にて、『同心円』というバンドに出会いました。
 手持ちの二台のペンタックスカメラのうち、K100Dというサブ機の方がちっと面倒な事態に陥り、購入したヨドバシカメラに持ち込んでみた帰りのことでした。といっても撮影したカメラはK20Dというメイン機の方。ひょっとしたら入院ということもあり得たので、重い思いをしながらも二台とも持ち歩いていたのですな。
 開放1.7の明るいレンズを持っていったのも良かったです。ちなみに撮影はすべてF2.8で行いました。そのためピントの合う範囲(被写界深度といいます)がすごく浅く(薄く)て、ピント合わせに苦労しましたが。
 
 ま、そういった苦労の甲斐あってヽ(´ー`)ノ久々に良いバンドとの新しい出会いを体験できました。
 
d0133847_21184918.jpg
写真はすべて、PENTAX K20D & smc PENTAX FA50mm/1.7

 “同心円”。中心を同じくしながら、半径が異なる複数の円のことをこう呼びます。
 うん、なんというか (´ー`) この二人には合う名前のような気がしてきます。曲を聴いていると。
 まろやかですね、歌が。やわらかくやさしい。こういうのも好きです。聴く人に寄り添おうとするような。
 
 そして、“まろやか”とは、“丸やか”と書くのです。
 
d0133847_21185773.jpg

 
 
d0133847_2119578.jpg

 
 “丸い”ということは、角がないということです。
 つまりは、なにかに引っかかることなく、するりと、どこにでも入り込んでしまうということです。
 
d0133847_21191238.jpg

 
 だからこんな風に、子供の心さえ引きつけるのでしょう (´ー`) 子供が惹かれる歌に、悪いもんはねぇ。幾度か、こんな風景に出会ってきた実感です。売れるとか売れないとかは脇へよけといて、この二人の歌は、だから“ホンモノ”なのです。
 
 
 だからって警察官は容赦しちゃくれませんがね……(。つд`) 途中で通報アタック食らいました。あえなく中止です。
 といっても、これはしょうがありません。ヨノナカのルールはそうなってます。実際、好きで聴いてるこっちはいいんですが、これを不快に思う人がいるのも確かですし、こっちがいいからあっちのことは無視しろなんてことは言えません。それに、こういうこともバンドの“経験値”ですから。
 その時やっていた曲が終わるまで、お巡りさんは横で待っていてくれました。そんな人に当たったことは、ささやかな幸運だったでしょう。
 
 
 メンバーには演奏開始前に撮影許可だけもらっていたのですが、アタックを受けた後、撤収作業に入るところに話しかけ、ブログ掲載許可をもらうことに。このところストリートを撮っていなかったため、説明用のアルバムや、URL伝達用の名刺などはこの日持っておらず。説明に手間取ってしまいました。
 
 そして説明にかまけているうちにCD買い忘れた ヽ(´ー`)ノ 俺のバカ。
 
 
d0133847_21191980.jpg

 錦糸町トリフォニーの小ホールにて、四月にワンマンをやるそうです。ホールワンマンだ、すげぇな。
 
 成功するといいですねぇ( ´ー`) 思わず応援したくなるバンド、“同心円”でした。
 
 
 
[PR]

by plummet | 2009-02-26 04:32 | [Ph]Street Live  

同心円

d0133847_21131565.jpg


『目をそむけたいことさえ飾らない詩(うた)。』


このメッセージを歌に込め、東関東(主に錦糸町)を中心に活動するアコースティックロックデュオ。
 
同心円 Official Web Site

 
 男性二人組のアコースティック・デュオ。語りかけるような唄声を、やさしいメロディに乗せ、道行く人に届けていく。虚飾のない“歌”のたのしさや美しさが、するりと耳に入ってくる。そんなアコースティック・サウンドを聴かせるグループだ。
 
 
 
■公式サイト
[同心円 Official Web Site]
 
 
■mixi内コミュニティ
[[mixi] 同心円]
 
 
 
[PR]

by plummet | 2009-02-26 04:07 | [Ph]Artists  

くろ音子@錦糸町080126

d0133847_19415269.jpg『くろねこ』と読むそうです。二人組のギター弾き語りでデュオです。ハイトーンの、伸びのあるいい声してました。
 なんでももう五年くらい錦糸町でやってるそうなんですが、不思議なことに俺が出会ったのはこの日が初めてでした。なんでかなぁ、と思ったら、錦糸町に来るのは土曜が定例とのこと。
 写真を始める前は、土曜日に錦糸町に来ることがほとんどなく(平日夜か日曜だった)、写真を撮り始めてからは、彼らがライブしている北口ではなく、南口の方ばっかり行っていたからのようですな(´・ω・`)そうですか北口は今もフリーダムですか。
 
 ということで、アコースティックな彼らのライブを聴いてみました。おっそろしく風が冷たい日で、演奏する方も見る方も半分震えながらのストリートでした。
 が、彼らの唄声の方は、元気があって非常に好感が持てました。もう「場慣れ」してることもあるんでしょうが、パフォーマンスが堂々としていて、それだけでも気分が良くなります。
 二人組男性デュオというと昨今はメジャー方面で雨後の筍ですが、とりあえず、彼ら「くろ音子」はパッと第一印象では、そうした既存ミュージシャンにはとくに似ていないように感じました。音の元気の良さで、『ゆず』が近いかなと思った程度です。ただ聴いた限り(3曲しか聴けなかった)では、サウンドはそこまで似てません。その系譜にある、という程度の感じです。


 最終セットだという演奏を終えてから、例の如く、お初なミュージシャンの方には必ずやっているご挨拶と写真使用許可のお願いをして、また次の土曜日にも足を運ぶという約束をしてみたり。

 最後にその他の写真。ここは若干暗めな場所なので(街灯があるのだが呼称しておりしょっちゅう消える)、写真も暗めになっております。特にレタッチせず、撮ったまんま。

d0133847_19515761.jpgd0133847_19522848.jpgd0133847_19525124.jpg

 
[PR]

by plummet | 2008-01-29 19:57  

くろ音子(ねこ)

d0133847_18435512.jpg

 二人組のギター弾き語りデュオ。元気があふれる、明るいアコースティックサウンドが印象的で、唄声もそれによくマッチしたハイトーンの明るいデュエット。特に既存アーティストに似た印象は薄いが、あえて挙げるなら「ゆず」が近い。
 

2001年
5月
-江戸高文化祭(当時二人とも3年生)の有志バンドをきっかけに二人は出会う。
-この時「マイぶーむ」という名のゆずバンド(全4名)を結成。放課後練習を始める。
7月
-バンド練習の為にボーカル二人(章彦&瑛二)で、初めての路上ライブを小岩駅前で決行。その後、文化祭有志バンドのオーディションに2位で通過する。
-夏休みに入る直前、『聴いて下さい。』という曲が練習の合間に生まれる。
9月
-江戸高文化祭に「マイブーム」として参加。見事その年の最優秀バンド賞を獲得。
-「マイぶーむ」解散後、路上ライブを本格的に始め、二人組ユニット「くろ音子」を結成。
 
       (後略)
 
プロフィール

 江戸川高校というのは、俺が通っていた高校とそう遠くない感じで親近感がありますね(´∀` )
 
 


【公式サイト】
[くろ音子公式サイト]
http://www7b.biglobe.ne.jp/~zzz/aaa/PC/index.html
・プロフィール、楽曲紹介といった基本的なコンテンツは網羅。さらに楽曲は一部サイト内から試聴が可能になっている。メンバー二人の日記、ファン交流の掲示板といったコミュニティ機能もあり。映像付ネットラジオ(?)といった珍しいコンテンツもある。


【mixiコミュニティ】
[[mixi] くろ音子【くろねこ】]
・当人たちの“公認”を得たファンコミュニティ。



 
 残念ながら2009年3月9日、くろ音子は解散することが公式に発表されました。
[くろ音子公式サイト]
[PR]

by plummet | 2008-01-29 18:45 | [Ph]Artists