タグ:カミタミカ ( 2 ) タグの人気記事

 

カミタミカ@新宿070914

d0133847_0141999.jpg

 遭遇&撮影からずいぶん時間が空いてしまいましたがカミタミカさん。メジャー・デビュー済みですが精力的に路上をこなしているようです。
 張りつめた強い唄声と、メロディの大陸的な響きが印象に残ります。
 彼女については、別ブログでちょいと語ったことがあるので、それをこちらにも掲載してみることにしましょう。

炎がすべてを飲み込むごとく
 カミタミカの唄は、火に似ていた。
 確かな歌唱力。幽玄の雰囲気。自分が今ここにいることを強く強く訴えかける存在感。
 その姿も、唄声も、燃えさかりゆらめく、炎に似ていた。
 圧倒的な歌唱だった。目の前に立っていると、足に力を入れて踏ん張らなければ、倒されてしまいそうなほどに。
 それほどに彼女の唄には、唄以上のなにものかが込められ、観衆に叩きつけられていた。油断をすればその激しさに灼かれそうな迫力だった。
 唄は、カミタミカそのものだった。
 観衆はその時、試されていた。カミタミカというシンガーの全存在を乗せた唄声を、受け止めきれるか、という試しを受けていた。
 炎のような唄声に灼かれるか、耐えきるか。
 それは、シンガーとオーディエンスの戦いの場だった。
 余計な要素が紛れ込めば、たちまちオーディエンスは彼女に灼かれただろう。そこは、そんな聖域だった。それゆえに純化した、祝祭の場だった。絶大な存在感を持った彼女の唄以外には、存在することを赦されない。
 そこには、神すらも存在を赦されない。そんな空間だった。
 だが、その圧倒的な炎に身を灼かれることの、なんという甘美さ。
 灼かれてしまいたい、と思わせるなにかが、確かにあった。
 自分が灼かれてしまうことが、心地よいことに思える空間。灼かれ、砕かれ、微細に散ってしまいたくなるような、魅惑的な感触がそこにはあった。
 シンガー自身が“唄そのもの”へと純化した空間の魅力は、そんな蠱惑的な、あらがいがたいものだった。灼かれ、融かされ、その空間とひとつとなりたい――そんなことを思わせる祝祭の場。
 破壊と同時に再生の象徴とも言われる“炎”――その祝祭に身をゆだねる時、オーディエンスはひととき“再生”の夢を見るのだろう。

[PR]

by plummet | 2007-10-03 19:57 | [Ph]Street Live  

カミタミカ

d0133847_2242232.jpg

 静かに燃える焔のようなボーカリスト。
 公式サイト、Profileページより抜粋引用。

高校を卒業して1年間、福岡に住み、アルバイト2つと、ボイストレーニングの生活。
その頃、先にシンガーを目指し、東京に行っていた夢を追う仲間に、「本気でシンガーを目指すのだったら、東京に来たほうがいい。」とアドバイスを受け、20歳の誕生日の2日前に上京する。

東京では、アルバイトで生計をたてながら、レッスンを受ける日々。レコード会社やプロダクション、音楽活動をするには整っている環境が待っていると思っていた。

あきらめかけていた22歳のとき、TV番組のオーディション(日本テレビ系「歌スタ!!」)を受けた。このオーディションには全国から4000通以上の応募があった。オーディションでは、松たか子の「コイシイヒト」を熱唱。SMAPの「Shake」「らいおんハート」などを手がけたコモリタミノル氏と一青窈の「ハナミズキ」で知られるマシコタツロウ氏に絶賛された。
結局、カミタミカが作曲して欲しいソングライターにコモリタ氏を指名。

2005年7月20日「キレイになる私」で「歌スタメジャーデビュー第一号」としてポニーキャニオンからデビュー。
幼少からの念願の夢が叶い、「自分が、誰かの支えになりたい」というシンガーとしての目標へのスタートをきることができた。

カミタミカの物語は、始まったばかりだ!!
きっとこの先、カミタミカの歌によって支えられたという人が増えるだろう。

 新宿を中心にストリートライブも精力的にこなしているメジャー・デビュー組。そのボーカルのパワフルさ、大陸的とも感じる雄大な響きには、一時足を止め、耳を傾けるだけの価値があるだろう。
 
 
 
■公式サイト
[カミタミカ OFFICIAL WEB SITE]
・TOPにアクセスすると最初にFLASHが表示される。スキップは可能。楽曲試聴やサンプル動画へのリンクなどがある。ブログは連日、ストリート先の写真なども交えて更新中。


■本人ブログ
[カミタミカ新聞]


■公式スケジュール情報ブログ
[カミタミカ新聞 -カミタミカスケジュール-]
[PR]

by plummet | 2007-10-03 19:20 | [Ph]Artists