長月は花の季節

d0133847_514719.jpg
PENTAX K20D & smc PENTAX-K 135mm/3.5
 今はもう十月なんで神無月ですが( ´ω`) 写真撮ったのはどれも九月中なのでこのタイトルです。
 朝顔の良い写真もあるんですが、さすがにこの時期に朝顔でもねーだろということでパス。東京でもさすがにそろそろ見かけなくなりましたね。
 
 
d0133847_52362.jpg
PENTAX K20D & smc PENTAX-K 135mm/3.5
 花の写真というのはありきたりかもしれませんが、これで案外、一輪ごとに表情が違っていて撮るのはおもしろいです。良い表情を見せる花を見つけられたら、それをどう切り取ってやろうかと考えるのがいいですね、楽しいです。
 
 
d0133847_52523.jpg
PENTAX K20D & smc PENTAX FA 35mm/2
 たまにこうして蜂なんか写り込んだり。大げさですが自然の営みのひとつを垣間見ることも出来ます。
 
 
d0133847_53660.jpg
PENTAX K20D & smc PENTAX DA★ 135mm/2.8
 望遠でおもいきり接写( ´ω`) とかいって90cmも離れてますがね。135mmの焦点距離だと背景がよくボケます。ついでに被写界深度も激浅で、蕊にピントを合わせるのが一苦労。これも微妙に外しているよないないよな。
 
 
[PR]

# by plummet | 2008-10-05 05:19 | [Ph]Photographs  

長月は雨の季節

d0133847_22524470.jpg
PENTAX K100D & smc PENTAX-M 28mm/F3.5
 台風の影響でしょう、雨が続き、急激に寒くなってきました。
 仲秋をすっとばして晩秋、冬ももう間近という雰囲気です。
 
 
 
 
d0133847_22525551.jpg

PENTAX K100D & smc PENTAX-M 28mm/F3.5

 とか思ってたらこんな( ; ´д`) えーもうそんな季節?
[PR]

# by plummet | 2008-09-30 23:04 | [Ph]Photographs  

In a morning. #2

ウヒョー ヽ(・∀・)ノ 放置しまくりんぐ
 
 最近、仕事の関係もあってちーっとも路上のパフォーマンスを撮りに行くことができてませーん。
 そのあまりに放置しまくりだったこのブログですが、実は別のところにある写真ブログの方はそれなりに更新し続けています。
[世界の対岸で俳句を詠むノケモノ]
 生存確認はそちらでぜひ ヽ(・∀・)ノ ヒャハー
 
 
 ということで、#1に続く#2、3週間も間を空けて更新します。
 
d0133847_2024937.jpg

 光をコントロールする、てっなことを前回書きましたが、実は前回と今回の合計3枚の写真を撮った現場は、まだ太陽が出たばかりで角度が浅く、ほとんど「薄暗い」感じの光の状態でした。
 その中で、適正露出ではなくややオーバー気味に(具体的には適正よりさらに2/3~1EVほどプラス)シャッタースピードを設定しました。絞りはボケを生かしたかったので開放です。
 シャッタースピードが遅くなる分、ブレが怖くはなりますが、そこはオールドレンズでも有効なボディ内手ブレ補正が活躍してくれました。135mmの望遠を手持ち撮影しても、しっかりホールドさえできれば問題ない写りになります。
 
 
  
d0133847_2025572.jpg

 光の角度が浅く、物の見た目が柔らかい状況ですので、背景の色味も柔らかくボケてくれています。この葉の写真では、背景の白い部分は向こうの家のしっくい壁なのですが、昼日中に見ると薄ぼけた灰色に見えるのに、そういう印象はありませんね。
 
 意図的な光のコントロールと、時間(光の環境)を選択することによる結果のコントロール、という二つのことが勉強できました( ´∀`) いやぁ、写真たのしいな。
 
 
 
[PR]

# by plummet | 2008-09-26 20:15 | [Ph]Photographs  

In a morning. #1

d0133847_522033.jpg

PENTAX K20D & smc PENTAX-K 135mm/3.5|F3.5,1/200sec,ISO100
 
 雨が降ったらストリートのパフォーマンスはなく、晴れたら晴れたで暑くなり出歩く元気が出ないという悪循環なこの時期です( ´ω`) いやもう体力なくて。
 なのでふつうの写真でも。一応このブログは、ただの写真ブログも兼ねているのです。
 
 朝の光を浴びる菊の一種です。
 黄色というのは、色が飽和しやすいといわれていますが、この写真も許せるギリギリですかね。でもその分、不思議な存在感が感じられて好ましく思いました。偶然こういう写りになったんですが、ひとつ勉強になりました。
 あと、黄色という色が強いので花はクッキリ写ってますが、背景は、このSSでは光量が足りなくて暗く沈んでいます。実際の見た目は、これよりは明るくなっていたので。それも、写真の雰囲気を出すのに奏功している感じですね。
 写真は“光をコントロールする”ことで撮るのだといいますが、それを実感として感じました( ´ω`)貴重な体験となった一枚です。
[PR]

# by plummet | 2008-09-05 05:13 | [Ph]Photographs  

奥野智史@錦糸町080809

d0133847_2262786.jpg

 撮影からアップロードまで間が開いてしまいました。かつ、いつもと全然違う画質な上に枚数もこれ一枚のみです。
 実はこれフィルムカメラで撮影したものでして(・_・)ゞ 最近ついにデジタルに飽きたらず、手を出してしまいました。
 この日は土曜日。使い始めたばかりのフィルムカメラにうつつを抜かしていたところで、ついうっかりと、デジタルカメラを一切持たずに出歩いてました。その上、夜になってから用事もあり、あまり長居できないところでの出会い。これまでとは駅を挟んで反対の側でのパフォーマンスでしたね。
 たっぷり聞けたわけではないのが残念でしたが、変わらず、どこかJAZZYでBLUEな感じのする、アコースティックサウンドを聴かせてくれました。“ほんわか”するJAZZ、とでも表現しましょうか。

 この日の全セット完走目前、最後の一曲の終了間際に、横にK32の紺色の制服の方がお立ちになられたのが最後残念でしたね( ´ω`) やっぱ区切りとしちゃなんか一言、ありがとうトークみたいなのが欲しいし、やってる方も言いたいでしょうね。
 
[PR]

# by plummet | 2008-08-21 02:28 | [Ph]Street Live  

looking as like as a old memory.

d0133847_2315090.jpg

[PENTAX K20D & smc FA35mm/F2 AL]

 前の花火写真を撮りに出かけた日の、日中の江戸川土手。近くにはポニーランドという、馬に触れられる公園(?)があります。
 撮影時点でホワイトバランスの設定を失敗していたJPG(マゼンタが強く出過ぎた)だったんですが、どことなく古びたような風情があったのでそれを強調するようにレタッチを試みたところ、意外にイイ具合に仕上がりました。レトロチックというか、どこか懐かしさがあるというか。トイカメラ調でもありますね。周辺減光も試してみたらおもしろかったかも。

 今の風景を撮っているのに、色味を変えるだけでレトロ調に感じられるというのも、考えてみれば変な話です。
 そのように見える一因は、あんまり「現代」を感じさせるシロモノが写り込んでないからでしょうかね。

 つまり、土手だの川だの向こう岸の風景だのといった光景や、土手を駆け下りる子供なんてシロモノは、我々が「懐かしい」と感じるあの頃から、ちっとも変わらずにここにある、というわけで。

 変わるものあり、変わらぬものあり――
 
[PR]

# by plummet | 2008-08-14 02:49 | [Ph]Photographs