<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

水面下ノ空@秋葉原080323


 日曜日の秋葉原、珍しいバンドに出会いました。ドラムをセットすること自体最近ではそんなに見ない(カホンで代用するようになってきた)んですが、そんなドラムに加えてキーボードがセッティングされています。
 この稀有なバンドの名前は、『水面下ノ空』。不思議な名前です。

d0133847_33403.jpg



 名前を見たときから、この見下ろしの構図で絶対撮ろうと思ってました。水面下にある空を、さらに上の空から見てみようというねじくれた根性の現われなわけですが。
 そういうねじくれ根性の俺には、このバンドのうねりにうねった楽曲はジャストフィットと言えましょう。キーボードがあるところも、シンセサウンドにあこがれて音楽に興味を持った俺にはピッタリです。

d0133847_341358.jpgd0133847_343831.jpg


 実はこのバンドの名前そのものは、前から知っていました。以前から、撮らせてもらったバンドさんがブログ持ちだったりすると、RSSリーダーで購読するようにしてるんですけども、その中でたびたび、「対バン」のメンツとして見かけていたのが彼ら『水面下ノ空』だったのですな。
 今回、ついに実物と出会うことができたわけです。
 次はアルバム買おう。というくらい、個人的にはイイ感じのサウンドを奏でてくれるバンドでした。
[PR]

by plummet | 2008-03-27 03:07 | [Ph]Street Live  

HAYABUSA@秋葉原080323

d0133847_235347.jpg



 この日、ことのほかケイオスだった秋葉原ですが、その中にあって、段違いにレベルの高い唄声を響かせていたバンドがありました。
 それがこの『HAYABUSA』。
 平井堅にも似たハイトーン&メロウなボーカルがとても印象的でした。が、平井堅ほど声質が軽くなく、もう少し太さがある感じですね。似て異なる、という。個人的にはこちらの方が落ち着いた感じもあって好きになれそうです。
 撮影させてもらいつつも、適当なところで切り上げてじっくり聴き入りたいなぁ、なんてことも思ってたんですが。
 
 あっさりとK32に止められてしまいました( つд`)
 
 ちと欲求不満でしたが、仕方ありません。こういうのとの戦いもまた路上で演じるということなので。
 で、帰宅後、この記事やミュージシャン紹介記事のために公式サイトなどを見たところ――
 
 メジャーデビュー済みじゃんΣ(゚Д゚ )

 すいません、当日その場ではまったく気づいてませんでした<(_ _)>
 道理で飛びぬけてるはずだよなぁ(; ´д`)
 ともあれ、その公式サイト[HAYABUSA official web site]では、現在、彼らの曲がBGMとして流れています。優しくも男性的な芯の強さを残した唄声に触れたい方は、ぜひ訪れてみてください。
 
[PR]

by plummet | 2008-03-27 02:35 | [Ph]Street Live  

久々に再開してます

 いやー(; ´д`) 二月から三月にかけて異様に忙しい時期がありまして。出版・編集の世界なんてそんなものですな。家に帰ることすらおっくうな繁忙期で、実際会社が用意したウィークリーマンションに数日泊まったりもして。
 そんな時期をようやく乗り越えて、先週末くらいからようやく、写真を撮りに行けたりするようになりました。
 なので、このブログも再開です。
 今後もたまに、こういう繁忙期があるかと思いますが、まぁのんびりやろうと思います。
 


@やしろけいご(偽名
 
[PR]

by plummet | 2008-03-27 02:22 | [Tx]Monologue  

HAYABUSA


d0133847_4344610.jpg

 平井堅に代表される、やわらかく優しい男性ハイトーン・ボイスを、アコースティック・ギターが下支えするスタイルの二人ユニット『HAYABUSA』。
 STARDUST所属のメジャー・アーティスト。
 以下、公式サイトより引用。


2003年、同じ店でアルバイトをしていた二人。 すでに路上に出て音楽の道を目指していた坂室と、 それまで野球一筋で "歌が好き"ということ以外は音楽の道と何の関わりも持っていなかった佐潟。 知人から佐潟の歌唱力の噂を聞いた坂室は ある日佐潟をカラオケに誘い、その歌声を聴き、 その場で一緒にやろうと決めた。 その後、二人でデモテープ制作に取り掛かり 数々の作品に想いを綴り始める。 そして、その年の夏… 二人は初めて大きなステージに立った。 二人の淡い想いが、強い意志に変わった。 2006年5月17日 新たな旅立ち。 今ここにある、全ての想いが重なり合う…HAYABUSA。
 
HAYABUSA official web site


 ただひたすらに“きれい”な唄声が、やさしい唄を歌い上げる。メジャーの看板は伊達ではなく、その唄は道行く人の心をしっかりつかまえるだけの力を持っている。
 


■公式サイト
HAYABUSA official web site
http://www.stardust.jp/hayabusa/
・サイトでは彼らの楽曲がBGMとして流れる。普通なら「音が出るので注意」となるところだが、ミュージシャンでこれは大歓迎だろう。メジャー・アーティストだけあってサイトの出来は美事。
[PR]

by plummet | 2008-03-26 04:34 | [Ph]Artists  

水面下ノ空


d0133847_432331.jpg

 Vo、Dr、Keyの三人組バンド、『水面下ノ空』。ストリートでは滅多に見られないタイプの編成だ。なぜならDrもKeyも、セッティングにえれぇ苦労するからである。場所も取るし。
 公式サイトのプロフィール部分より引用。

'03年から1年間、ギター・ベースを加えた5人のバンド形式で活動。 '05年、バンド解散後、まこ・ひかり・とものかつみの三人で『水面下ノ空』を結成。 '06年5月、六本木y2kにて初ライブ。 '06年7月12日に渋谷チェルシーホテルで2度目のライブと自主制作の5曲入りミニアルバム『月と魚』発売。 '07年6月10日に西荻窪Terraで友人の結婚祝いイベント開催。自主制作の2曲入りシングル『風のうた』発売。 現在は月に1~2回のライブハウスでのライブと、ストリートライブを中心に活動中。
 
水面下ノ空 / 水面下ノ空

 
 このサウンドは独特だ。バンド名自体がそのことは予告している。“水面下”“ノ”そして“空”。
 水の揺らぎが光をまっすぐには進ませないように、ゆらめかせるように。
 このサウンドは激しく揺らぎ、うねっている。
 そして、“空”のように広がっている。




■公式サイト
●○ 水面下ノ空 ●○
http://suimenka-no-sora.main.jp/
   →PC用:[水面下ノ空 / 水面下ノ空]
   →ケータイ用:[水面下ノ空]
・ゴッホのようなイラスト(?)が印象的なPC版TOPにも、彼らのサウンドが象徴されている。プロフィール、メンバー三人それぞれの日記ほか楽曲試聴もあり。
[PR]

by plummet | 2008-03-26 04:33 | [Ph]Artists