<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

このブログについての説明

【本稿最終更新:2007年12月23日(日)】
 

1.概要


 まず初めに、このブログの中身の説明をしておきます。
 id=plummetが街中をうろつき回って、ストリートミュージシャンや“路上のなにものか”を写真に収め、それを紹介していくブログ(にする予定)です。以前は本ブログで散発的にやっていたものを、別ブログとして独立させることにしました。
 主な出没地点は東京の総武・中央線で錦糸町・秋葉原・新宿といった辺りで、命あるうちにその気になったら、代々木公園や池袋にも行ってみたいと思います(←空手形)。
 
 現在、blogの説明用にミュージシャンさんたちにお渡しするネームカードを使っていますが、そこでは『矢代圭吾』という名義を名乗っております。
 
 
 

2.カテゴリ


 ブログ内カテゴリは、次のような分類として使います。

(1)My Favorite
 ストリートミュージシャンの紹介です。その中でも、特に個人的に「大のお気に入り」と言えるミュージシャンを取り上げるカテゴリです。内容自体は(2)と同じです。


(2)Street Live
 同じくストリートミュージシャンの紹介です。街の路上で見かけるストリートライブの様子を写真に収め、紹介します。原則として当人に写真公開の許諾を得たものだけを使っていく予定ですので、写真なしで文字のみでの紹介ということもあります。もちろん「カメラ持ってなかったから」という場合も文字のみになります。そのような「文字のみ」の場合、ミュージシャンさんに「ブログで紹介します」とはわざわざ告げません、たぶん。
 また、一回記事にしたらもうしない、ということではなく、見かけるたび、撮影させてもらうたびに記事にしていく予定です。

 インディーズ、メジャーは問わない方向です。ただし、あんまりにも個人的趣味・好みに合わない(応援できない……と思ってしまう)ミュージシャンは食指が動かないかもしれません。あと、あまりにもファン(観客)が多く、写真が撮れない場合や許諾を得るために近付くのが難しいような場合も同様です(あるんだよそういうのが)。


(3)Artists
 (1)と(2)で紹介したミュージシャンの公式Webサイトやブログなどへのリンクを、「1ミュージシャン=1エントリ」で掲載していく予定です。読者が気になるミュージシャンがいたら、そのエントリから公式サイトへ行けるようにしたいと思っています。
 要するにデータベースっぽいカテゴリです。
 ミュージシャンさんに限らず、大道芸人とか、なにか「ストリートでやっている」人の紹介もここで行っていきます。


(4)Photographs
 路上で見かけた風景・光景・物体・人物など、なにか興趣を誘われて撮影した写真をupしていく予定です。また、写真そのものとか、カメラなど機材の話題もこちらにアップしていくつもりです。
 ミュージシャン以外の、なんらかの『パフォーマンス』を路上で行っている人を撮影し、写真の使用許諾を得られた場合には、このカテゴリで紹介していきたいと思います。そうした方々でも、(3)「Artists」のカテゴリでサイトリンクなどの紹介をします。
 

(5)Mobile Logs
 いわゆるモブログの専用カテゴリです。ケータイからの更新エントリがここに収まります。基本的には、写真付きでエントリを起こしていきます。


(6)Monologue
 雑記的に文章を書いてみるところです。あまり頻繁には更新されないと思います。


 なお、一覧にあるカテゴリ名の頭の[Ph][Tx]は、それぞれ「写真多い」「原則文章のみ」の意味合いくらいのことです。大した意味があるわけではありません。



3.個別の写真について



写真の品質


 ファンの方にもミュージシャンさんに対しても、先に宣言しておきますが、これは低いです。

 ストリートライブは、その多くが日暮れ後、夜になってから行われます。
 そうした場合の撮影では、周辺が非常に暗いために、ぼやっとした写り、ボケた画像になることが多いです。露出不足、露光不足という状態です。
 そうした部分をカバーするために、フォトレタッチを使って写真の明るさを強制的に高めたり、実際のその場の見え方とは違う映像に加工することも多いです。写真ではだいぶ明るいように見えても、現実のその場所は真っ暗だったりすることもあります。このことをまずお断りしておきます。
 
 昼間にストリートライブに行き会った場合には、たぶんちょっとはマシな写真がお見せできると思います。


撮影時


 暗いならストロボ焚けばいいだけじゃん、というつっこみの声が聞こえてきそうですが、撮影者(俺)は基本的に、ミュージシャンさんを撮影する場合ストロボは焚かない方針です(すでに周りで山ほど焚かれている場合には、あきらめ交じりで自分も乗っかってしまうことがありますが)。
 これは第一に、ミュージシャンさんの気を散らせることを避けたい意味合いがあります。特に楽器を操っている場合には。
 第二には、そうするとミュージシャンさん「だけ」はくっきり写るものの、背景が真っ暗になってしまうことがあります。『路上』というのが本ブログのテーマになっていますので、それを消してしまうことはしたくありません。『路上』で躍動するミュージシャンさんを、その場の空気と共に撮影する、ということを目指しています(大言壮語)。
 また、基本的にはポートレートはお願いしません。パフォーマンス中の写真のみ撮影していくつもりでおります。どーしても腕と状況がそれを許さない場合に限ってお願いするかもしれませんが……。

 

転載・転用


 このブログに載せている写真は、基本的に被写体のミュージシャンさん、パフォーマーさんにblog使用の許可を得て載せています。が、転載・転用されることまで想定してOKしていただいているわけではありませんので、このブログからの転載・転用はお断りさせていただきます。
 このブログにリンクを貼ることは構いませんので、別の場所でミュージシャンさんを宣伝したいような場合には、写真を持って行くのではなく、こちらへ誘導するような形でやっていただける方が、問題がなくてよろしいかと思います。公式サイトなどへのリンクも張るようにしていますので、便利に使ってくださって構いません。
 写真に関する責任は撮影者(俺)が負ったまま分散させたくない、ということです。

 また、万が一ファンの方などから「写真データくれよ」と言われても、それは転載・転用と同じことですのでお受けいたしかねます。あらかじめご了承下さい。
 ただしミュージシャンさんご自身からの要望があれば、写真の画像データをCD-ROMなどでお渡しすることは可能です。次にまた会えれば渡せる、というくらいで恐縮ですけれども。


二度目以降の撮影時


 初めての場合、ブログでの使用を前提とした許諾を、説明の上で得るようにしていますが、一度許諾をいただいた方からは、以降「先日はどうも。また使わせてくださいね」くらいの声かけに留まると思います。
 もしそこで「やっぱダメ」と言われたらあきらめます。メジャーデビューするので肖像権が厳しくなったから、今回からダメ……というのは、ありそうですね。
[PR]

by plummet | 2007-12-23 02:31 | [Tx]Read me 1st.  

さとちき@錦糸町071012

d0133847_2154820.jpg

 写真整理時に誤ってフォルダ管理してしまったため更新作業がすっこり抜け落ちていて申し訳ございません<(_ _)>
「さとちき」さんとの二度目の遭遇が10月にありましたので、遅ればせながらその写真レポートです。申し訳ないので多めに。

d0133847_2163342.jpg

d0133847_2165922.jpg

 前回に続いて、常連ファンの方々が多数集まっていました。なかなかないことです。単に人気、というわけではない、人望のようなものがあるのを感じます。
d0133847_2173447.jpg

d0133847_2175748.jpg

d0133847_2182083.jpg

 (´д`;)遅れてしまったお詫びじゃないですが、Webアルバムに写真多数アップしておきました。その時の雰囲気を追体験してみてください。携帯電話の方はQRコードをご利用ください。
http://picasaweb.google.co.jp/y3products/EmENHD
d0133847_21941.jpg

[PR]

by plummet | 2007-12-06 00:07 | [Ph]Street Live  

なか@錦糸町071201

d0133847_2203988.jpg

 ひとつ前のエントリ、ericaさんと合同で路上ライブを行っていた、ギター弾き語りの「なか」さん。女性がソロでギター弾き語りというのはあんまり見ないので、どんなもんだろうと思っていたら、なにやらオールドスタイルというか(失礼)フォークソング全盛時のフォークグループを思い起こさせるような歌唱でした。
 実際、曲を聴いて思い浮かべたのはフォーククルセイダースの『おらは死んじまっただ』。つーてももう知らん人も多いでしょうからYoutubeでどうぞ。
 といっても別になかさんの曲はあそこまでコミカルではない。そこらへんは普通にフォークっぽかった。

 どことなく不思議な曲調はある種の新鮮味もある。女性のギター弾き語りというのはそう多いわけではない(たいがいグループになってしまうか、別の楽器へいってしまう)ので、これからも頑張っていって欲しいものです。
[PR]

by plummet | 2007-12-05 18:50 | [Ph]Street Live  

erica -笑鈴歌-@錦糸町071201

d0133847_2134845.jpg

 錦糸町北口で、もう一人ギター弾き語りの「なか」さんと二人合同ライブを行っていたericaさん。さくらんぼをイメージキャラにしているようで、なにもかも赤いです。キーボードまで赤い。自分で塗ったんだろうなぁ。ちなみにバッテリーとか発電機ではなく、電池ボックスを自作したものを電源にしていました。電池少なそうだけど電圧たりてるだろうか。などと変な心配もしてみる。マユラハルリの電池ボックスは、単三電池十本とか使ってたもんで。
 曲調としては、オーソドックスといいますか、しっとりバラード系で、冬には合いそうな感じでした。声の出もいい感じです。
 惜しむらくは、機材トラブルでキーボードが鳴らなくなることが多かったこと。ついに最後には一曲アカペラで唄ってしまってました。が、そこで「中断」ではなくアカペラだろうと唄いきるところには意気を感じます。きっと良い唄い手さんになってくれることでありましょう。
[PR]

by plummet | 2007-12-05 18:43 | [Ph]Street Live  

なか

d0133847_3585614.jpg

 ソロのギター弾き語りシンガーソングライター。オールドスタイルなフォーク的歌唱が、現代ではかえって独特な風味を醸し出している。


■公式サイト
なかの家
 携帯電話用サイトだが、PCからも見られる。
[PR]

by plummet | 2007-12-05 18:30 | [Ph]Artists  

erica -笑鈴歌-

d0133847_3533834.jpg

 錦糸町で出会った、キーボード弾き語りソロシンガー。さくらんぼをイメージキャラにしているらしく、公式サイトURLもそれにちなんだものだし、さくらんぼの「赤」で装備も統一した色味にしている。
 以下、公式サイトProfileより抜粋引用。

8歳からクラシックの声楽を習い始め、POPS,CLASSIC,MUSICAL,等様々なジャンルの音楽に挑戦する。2006年5月にPOPSヴォーカリストとして活動開始。同年12月にキーボードヴォーカリストとして活動開始。
都内を始め様々なライブハウスで日々歌い続ける現役音大生




■公式サイト
erica-笑鈴歌- Official web site
・FLASHによるエンターページ。さくらんぼをクリックすると中に入れる。

■本人ブログ
♪一音心奏♪
[PR]

by plummet | 2007-12-05 18:17 | [Ph]Artists  

マユラハルリ@錦糸町071130

d0133847_21129.jpg

 普段、北口でキーボード弾き語りをしているマユラハルリさんですが、この夜はなぜか南口に登場。前週、北口で警官?に怒られてこちらに移動してきたんだとか。ハルナリアパークと同じ経緯を辿っておりますな。このまま定着するかどうかは不明ですが。
 
 スタートが二十一時過ぎと遅く、寒かったこともあって三十分ほど唄っただけで終わってしまいましたが、ともかく1セットは聴くことが出来ました。
 改めて感じるのは、この人はミュージシャンという以上に“表現者”なのではないかなということ。誤解されそうな言い方をすると“叫ぶひと”なのだと。
 自分の中にあるものを外に出さずにはおれない。そうすることこそが自分を作り上げるのだというひと。
 それは幸せなようでいて苦しく、苦しいようでいて祝福された、苦楽ないまぜの生きようではないかと思われる。


d0133847_2114578.jpg

d0133847_212957.jpg

[PR]

by plummet | 2007-12-03 20:08 | [Ph]Street Live  

ハルナリアパーク@金曜定例071130

d0133847_27022.jpg

 北口から南口へ移住し、それもすっかり定着した感があるハルナリアパークのみなさん。駅前でアンデス楽団の皆さんが大音量でぶちかましててもお構いなしのポジショニングで独自の世界を振りまきます。
 
 実はCD買っちゃったんですが、これが良い出来でした。シンセ音を乗せる、オーバーダブを駆使するなど非常に空間感のある仕上がりで、ストリートの演奏とはまた一線を画す秀作。ミキシングとかそういうところにも非常にこだわりを感じられました。
 自主製作、つーてもレーベル製作ではなくほんとに自主、真っ白な生CDに音源を焼いているというタイプの造りなのですが、そのことが信じがたいレベルです。このやさぐれたR&Bにちょっとでも惹かれるところがあれば迷わず購入でいいでしょう。


 以下、今回は楽器を。イメージカット風味。
d0133847_274966.jpg

d0133847_281129.jpg

d0133847_283667.jpg

d0133847_285583.jpg

追記:
携帯電話対応のWebアルバムにて、試験的に多めの写真を公開中です。携帯電話からのアクセスには、下のQRコードが便利です。
http://picasaweb.google.com/y3products/Harunarearpark
d0133847_294357.jpg

[PR]

by plummet | 2007-12-03 19:53 | [Ph]Street Live  

ミサンガ@錦糸町071130

d0133847_231078.jpg

 最初に撮影させてもらってからもう2カ月ほどたちましたが、なぜかそれまで巡り会うことはありませんでした。季節はもうすっかり冬ですね。男性ボーカルデュオ、ミサンガのお二人です。
 相変わらずいいデュオです。なんだか安心しました。
 でももう寒いからか、以前にあった唄っている最中の躍動感みたいなものは抑え気味でしたねw まぁしょうがない。いやホント寒かったし。
 それにしてもこの「いつもの場所」は背後に強い光があって撮影はしづらいですな。趣旨に反して一回だけフラッシュを焚かせて頂きました。それが上の一枚。

d0133847_2338100.jpg

 手作り粘土盛り名前ボード。足元なのでちょっと目立たないのが玉に瑕。楽譜スタンドにひっかけるとかしたらどうだろうか、などと勝手なことを思った。バランス崩れるかな、重そうだし。

d0133847_24828.jpg

 ややイメージショット風に。
 この場所で普通にフラッシュなしで正面から撮ると、こうなります。真っ暗。


追記:
試験的に、Webアルバムでより多くの写真を公開しています。
http://picasaweb.google.com/y3products/pSzbdI

携帯電話からは下のQRコードにてアルバムにアクセスできます。
d0133847_252783.jpg

[PR]

by plummet | 2007-12-03 19:42 | [Ph]Street Live  

こころね@錦糸町071130

d0133847_054691.jpg

 11月の地獄の修羅場をくぐり抜けて帰って参りました(`・ω・´)更新一発目はやはり「こころね」から。
 思えばもう一年半ほどにもなるんでしょうか、「こころね」と出会ってからは。それがなければこうして路上をヲチすることもなかったでしょうし、写真を始めることもなかったでしょう。なにか感慨深いものがありますね(´-ω-`)んー。
 
 さてこの日は遠巻きに聴きながら、なにやらこっそりと望遠でパチリ。そのため写真粗いですね。
 なんとなく久々に、この夏の新曲『栄光』を聴くことができてマンゾクしました。かっくいい曲です。彼らは池袋、大井町、品川方面にも出没しているとのことなので(俺は錦糸町専門ですが)、お近くの方はぜひ足を運んでみてください。
[PR]

by plummet | 2007-12-02 03:55 | [Ph]Favorite!