<   2007年 10月 ( 58 )   > この月の画像一覧

 

[バルーンアーティスト]BANg@錦糸町071022

d0133847_1483650.jpg

『バルーンアーティスト』のBANgさん。最後の「g」はサイレントだそうです。だから「バン」さんですな。ミスターバードのお知り合い・お友達のようで、バードさんに声をかけたら、ご紹介いただきましてスムースに撮影OKいただけました。
 風船をねじって組み合わせていろんな造形を作るというアーティストさんですが、路上ではお客さんのリクエストに応じたものを造り、「出来を見てお気持ちで」お代をいただく、という大道芸人的なことをされているようです。
 見ていた範囲では、マリオ&ヨッシー(下の写真参照)、ピンクパンサー風(オレンジ色だった)ぬいぐるみ、花束などを作っていました。花束は男性のお客さんのリクエストで、誰かいい人にプレゼントするのかもしれませんな(´∀` )そういう作品は買った人のものなのであえて撮りませんでした。
 
 大物としては、下の写真にもある龍。ドラゴンボール風w
 なかなかいいです。正直、俺もなんか欲しいなと思いましたがカネがなさすぎなのでやめておきました(つд`)自転車だったしな。


d0133847_149590.jpg

 マリオとヨッシー。よく出来てる。その後姿を消したので、誰かに買われていったのでしょう。

d0133847_1493760.jpg

 こんな感じで、膨らませては組み合わせる。たまに割るw

d0133847_150750.jpg

 大物製作中。でかいの作ってる時は、全体の動きもダイナミックになって見た目にもカッコイイですね。

d0133847_1502713.jpg

 横から見て分かりにくいけど龍。正面から捉えたのはピンボケでした(つд`)
 こんなのを部屋の天井から吊したらおもしろい。
[PR]

by plummet | 2007-10-26 16:05 | [Ph]Street Live  

ミスターバード@錦糸町071022

d0133847_1432220.jpg

 行き会うのは実はもう5度目になるミスターバード。最初はただ見て感心するだけで、二度目の時に、前回の紹介記事を書かせてもらった。
 その後は、ここで紹介する前週にも同じ場所で邂逅したのだが、その日は久々にmokaと行き会った時でもあり、そちらに専念させてもらっていた。
 で、この前日の日曜日には、珍しく秋葉原で、愛☆まどんなと狭い場所でカチ合ってしまい、デジカメぶっ壊してド凹みだった愛☆まどんな陣営の代理カメラマン状態だったために撮影出来ず。
 そしてこの月曜日にまた出会ったのだった。
 
 秋冬バージョンとでも言いますか、最初に行われるツカミのパントマイムが、だいぶ様変わりしていました。ご覧のように仮面をかぶった状態で、飛行兵(宮崎駿アニメに登場するロボット。上の写真でトランクの上に置かれているやつ)の頭とか小道具も効果的に使って。あれはおもしろかった、ストーリー性もあるし楽しい演出もあるし。
 
 いやそれにしても、新兵器導入後でもこのひとの動きはなかなかうまく一瞬を切り取れないな(つд`)ダンスがキモなのに、撮ろうとするとブレるw
 んー。むしろデジカメ動画で撮る方に行った方がいいのかな( ̄- ̄ )もちろん許可は得て。
d0133847_1443450.jpg

 一枚目と同じパフォーマンス中の1コマ。手付きはマジシャン的。実際、「簡単な」と言いつつマジックも披露します。

d0133847_145356.jpg

 ダンス中。ブレのないものを選んだけど分かりにくいのが難。これは、首と体を交互に、歯車が動かしているように下へズラしていくというロボットアクション。

d0133847_1452956.jpg

 にこやかに。さわやかトークも芸のひとつです。得意の水晶玉を使ったダンスアクションで。

d0133847_146317.jpg

 気に入ったのか、部活帰りの中学生くらい? の男の子たちが、ずらっと並んで見ていきました。「将来、ああいう子の中からダンスを志す人が出てきてくれたら」とはバードさん本人の弁。うれしそうでした。
 
[PR]

by plummet | 2007-10-26 15:46 | [Ph]Street Live  

[バルーンアーティスト]BANg from“カバジスタ”

d0133847_3444627.jpg

“バルーンアーティスト”として、風船オブジェアートを作成する二人組パフォーマーユニットが“カバジスタ”。それぞれが個別で活動することもあり、その際には個々人の名前で活動しているとのこと。
 ここで紹介しているのはその一人、BANgさん。路上でバルーンアートをお客さんの依頼に応じて作成し、「お気持ち」でお代を頂戴するという大道芸人的活動を展開。
 誰もが知っている国民的キャラクターのオブジェやファンタジックな空想動物、ぬいぐるみ風、恋人へプレゼントする花束(!)など、作風は幅広く、まさに「何でも作ります」。
 
 なお、名前のBANgは「バン」と発音し、最後の「g」はサイレントだとのこと。
[PR]

by plummet | 2007-10-26 15:30 | [Ph]Artists  

愛☆まどんな 07年10月分

d0133847_1382580.jpg

d0133847_1384513.jpg

 路上の“ライブペインティング”パフォーマンスを行う「愛☆まどんな」。☆が入るのが正式っぽい?
 ともあれ、そのパフォーマンスの模様、10月分をまとめてドドンとお送りします。
 前回もそうだったんですが、このパフォーマンスは一枚二枚の写真を撮れば紹介できるようなものでもないので(絵が描かれていく過程がそれなりに必要)、今回もWebアルバム(GoogleのPicasa2を利用)にアップロードしました。よってこちらでの写真数は控えめです。
 なお、アルバムでは写真をクリックすると横幅1600pixelの大サイズ画像が見られます。サイズだけで言ったら、他のミュージシャン紹介よりも優遇してることになるな(・_・)ゞ


愛☆まどんな 10月7日分
愛☆まどんな 10月14日分
愛☆まどんな 10月21日分
 ちなみに9月分はこちらのアルバムで。愛☆まどんな 07年9月分
 
 
 11/11(日)からは、愛☆まどんなの「作品集」を販売開始するそうです。
http://ai-madonna.com/info.html
 作品集そのものは雑誌形態(同人誌? 自費出版?)らしいですが、話によると、これまでのライブペインティングで作り溜めた「人カンバス」のブラウス、ようするにこういうの↓
d0133847_1413850.jpg

 も、販売するようなことを聞きました。なんつーか生々しくはあるんですがw まぁ普通に絵を売ってると思えばフツーなことですわな。
 
 
 その愛☆まどんなですが、アルバムのキャプションにも記載しましたが、なんと「ヨーロッパ遠征」が決まったそうです。
 なんでも、路上でこういうパフォーマンスをしていることがどっかからポーランドのイベント関係者の耳に入り、ポーランドはワルシャワで行われる日本文化紹介イベント(?)で実演してくるんだとか。すげー。なんでもやってみるもんですなぁ。
 で、もう24日の段階でワルシャワへ向けて出発したとか。
 旧東欧圏でも、日本にサブカルには注目が集まっているんだなぁ。
[PR]

by plummet | 2007-10-25 02:34 | [Ph]Street Live  

[エコロジーアイドル]岩田彩@秋葉原071021

d0133847_1103093.jpg

 三週連続、エコロジーアイドル岩田彩さん。黙々とゴミを拾う姿は徐々に認知度を上げているようで、この日はなんか、自主製作映画の撮影隊? のようなグループに請われて、なんかの1シーンの撮影のようなこともされてました。
 こんな具合に(↓)。
d0133847_1105077.jpg

 夕方遅い時間帯には姿を見なくなってしまうので、出会ってみたい人は早めの時間にホコテンへ向かいましょう。
 ちなみに本人ブログによると、毎回衣装が若干アレンジされているそうです。手持ちの写真を確認したら、確かに三回とも微妙に違いがありました。女の子ですね(´∀` )
[PR]

by plummet | 2007-10-24 15:43 | [Ph]Photographs  

moka (モカ)@錦糸町071022

d0133847_1352159.jpg

 前週、ようやく二度目に行き会えたmokaですが、二週続けて見ることが出来ました。
 おや看板が変わっている。今度のはなんかカクイイ。
 
 今回は3ステージやったんですが、そこで気付いたのは、1ステージごとにセットリスト(演目)がバラバラなこと。1ステージ目にやった曲は2、3ステージ目にはやらない、みたいな。へー(´・∀・`)珍しい、と思いました。俺が、こんな風に継続して見てるストリートのバンドさんでは珍しいです。だいたいは、5曲前後の基本のセットがあって1、2曲くらいは入れ替わりがあるけど。
 
 そんな曲目のバリエーションは、結構広いです。Jポップがベースだと思いますが、その中でも晴れやかに爽やかな曲があり、切ないバラードがあり、またポップからちょっと離れてボサノバちっくな曲調もあったり。なので、通して聞いているとかなり楽しめます。CDを買っていった人も、若い男女からスーツ姿のビジネスマン、近所のおばちゃんと幅広かったです。
 
 それとやっぱ声だな(´∀` )そこをCD買って、そこを絶賛していたビジネスマンがいたことを耳ざとい俺は聞き逃さなかったぜ←単に近くに寄って写真撮ってただけ
d0133847_13651.jpg

d0133847_1363839.jpg

[PR]

by plummet | 2007-10-24 15:34 | [Ph]Street Live  

Meine Meinung@定例ストリート071020

d0133847_050561.jpg

 Meine Meinung恒例錦糸町路上。この日はとくに通報されることなく通して楽しめました。メンバーのフレーズがちょいとずつ変化していってるのは先週同様。
 ちなみにMeine Meinungのレパートリーには、ジャズのスタンダードなナンバーも入っていて、例えば『Fly me to the moon』がボーカルありとインストで演奏されたり、『Game of love』が唄われたりするわけです。近年、錦糸町にも外国人(観光客よりは定住者)が増えまして、英語圏らしきそういう人が足を止めたりするのは、やっぱりこういう曲の時が多そうです。
 そういうスタンダードナンバーではピアノが付き物なんですが、マイマイの場合、キーボードがないので新鮮なアレンジとして聴くことが出来ます。興味ある方は週末の錦糸町へ足を運んでみてはいかがでっしゃろ(´∀` )

d0133847_0514093.jpg


 一日通しで一回くらいしかやらない、メンバー紹介曲の中の一こま。ドラムのタカさんがスティックをくわえているのは、芸のひとつです(´∀` )たまにスティックすっ飛ばすよね。
 
d0133847_0522363.jpg


 プレーヤーたちが同じ演奏ばっかでは飽きるように、俺も同じような構図ばっかで飽きが来ました(´∀` )
 これはステージの合間の一こま。この日は普段よりちょっとズレた位置にセッティングしていて、看板が街路樹の下に置かれていました。普段は街灯の下なんだけども。
 そういえば何故その位置になったのか聞くの忘れたな。
[PR]

by plummet | 2007-10-24 15:19 | [Ph]Favorite!  

Modern Country

d0133847_356556.jpg

 Vo.&Gt.、Ba.、Dr.の三人編成バンド。
 公式サイト、Profileより引用。

2005年4月 奥村がアコギをかついでソロ活動開始
2006年3月 高校やサークルの繋がりで初期Moderncountry結成。
      10月 将来を考えた結果、奥村とBa高原以外は脱退する事に。
      11月 一旦活動停止したが、Drが加入して再始動。
      12月 サポートとしてGt加入。
2007年2月 再始動後、初ライブ。
    6月 DrとGtが脱退。
    8月 Dr大野が加入。

 現在ギタリストを募集中の模様。引用部分を見ても、基本的にはGt.は二本体制のようだ。
 90年代初頭の“バンドブーム”の頃を彷彿とさせるような、ストレートで、どこかしらレトロチックな雰囲気を音から漂わせるロックバンド。


■公式サイト
Modern Country by aimew
  →PC用http://moderncountry.ninja-x.jp/
  →ケータイ用http://aimew.jp/mode_coun/pc/page1.html
・プロフィール、ライブスケジュール、楽曲(歌詞)紹介など。曲の一部には試聴可能サイトへのリンクがある。ブログ、BBSも用意されている。
[PR]

by plummet | 2007-10-20 02:02 | [Ph]Artists  

Modern Country@錦糸町071015

d0133847_1325971.jpg

 本来は三人なのだが、この日はVo.&Gt.の一人が弾き語りスタイルで路上をやっていたModern Country。三人中一人が抜けた路上ライブ、というのはよく見ますが、三人中一人しかいない路上、というのは初めてだw それだけ熱心なのだろう。

 最初に飛び込んできたのは、カリカリにエッジが立ったギターの音色。スチール弦でも使ってるのか? と思ったくらいです。それに惹かれてしばらく聴いていました。悪くない、というか、好きになれるタイプの音でした。方向はロック。それも、個人的印象では一昔前にバンドやロック(ポップロック)が大流行だった頃の、なんとなく懐かしい感じのするロックです。
 ギターのカリカリな音色と、いい感じにグルーブするボーカルが気持ちいいです。
 
 で、1セット終わったところで例の如く写真について許諾を得ようと話しかけると、今のセットで終わりとのこと( つд`)
 そのままあきらめるのも惜しい気がしたので、普段は避けている「演奏以外」の撮影をさせてもらうことに。なんとなくポージングしてもらってるうちに、なんと一曲フルに演奏してもらいました。ミュージシャン紹介のページで使っている写真はポージングしているところで、このページで掲載しているのは、演奏中のものです。どうもありがとうございました。
 
 やっぱりいい感じですね。がんばって欲しいです。サイトを見ると、月曜日に単独での錦糸町路上ライブがスケジュールされているようなので、時間が合えばまた行ってみたいと思います。フル編成は池袋か……ちと遠いんだよな山手の反対側は。
[PR]

by plummet | 2007-10-20 00:12 | [Ph]Street Live  

こころね@錦糸町071012

d0133847_0475912.jpg

 夏を過ぎてから、俺が個人的に一番好きな曲『この雪が溶けてしまうくらいに』が路上のレパートリーに復活したのでうれしい限りなんである。まぁさすがに真夏に「この雪が……」ってのもないわな。
 いつもながらにメリハリの聞いたSHOさんのボーカルを楽しんだ。
 彼らのレパートリーの中には、チューリップの著名曲『青春の影』がある。「君の心へ続く長い一本路は……」というアレ。これが、夜の錦糸町のビジネスマンたちには効くらしく、毎度毎度、結構な数のスーツ姿が足を止めてくれる。きっかけはその懐かしさだとしても、最後にCDを買っていく人もいるということは、やはり彼らの歌に力があるということだろう。
 
 歌果てて余韻買うたる夜長かな

d0133847_0483419.jpg

d0133847_049155.jpg

[PR]

by plummet | 2007-10-19 20:01 | [Ph]Favorite!