カテゴリ:[Ph]Favorite!( 17 )

 

Meine Meinung@080329&080412

 ややや、写真を溜め込んでしまった(・_・)ゞえろうすんません。というわけでMeine Meinung路上ライブ、二回分をまとめてドン。
 
 こちら三月二十九日分。
d0133847_224782.jpg


 
d0133847_2242467.jpg


 こちらが四月十二日分です。同じ場所なので同じように見えますが、ボーカルえりこサンの服装が見分けるポイントです。えりこサンは寒がりらしいので。(なんのこっちゃ)
 ちなみにピントはいつだってえりこサン。
 
 間が一週分空いているのは、俺が体調不良のためこの前週四月五日にはまったく身動きできなかったからであります。おかげで最後の桜も撮り損ねましたよ……無念。
 
 さておき、三月ラストの路上では、ちょいとばかり嬉しい話を聞きました。たぶん元から何らかの形でマイマイのことは知っていたのであろうとは思われますが、彼らの路上活動予定を配信するメールマガジンに、なんと、ここ『(前略)路上をヲチするノケモノ』を見て登録した、という人がおられたんだとか。検索しているうちに先にこっちへ辿り着き、彼らの公式サイトに行ったというところでしょうか。
 たいへんに嬉しいことです。そうしてミュージシャンさんへのわずかな助けにでもなっていると思えば、こういう活動にもハリが出ます( ´∀`) いやまあ好きでやってるだけだからいいんですけどね。でもともかく、そういう人がいたということは嬉しい事実なのでありました。
 
 

さらなる写真とレポートはこちらをクリック
[PR]

by plummet | 2008-04-15 03:14 | [Ph]Favorite!  

こころね@錦糸町080205

d0133847_212915.jpg

 このところ、レコーディングに専念するためか、ストリートライブを休止していた『こころね』。この日は突発的に一度だけ再開、ということだったようです。外出の帰途、通り道である錦糸町で気まぐれに降りてみたら遭遇しました。ラッキー(*´∀`)~♪
 昨年のうちに披露していた新曲『栄光』の他に、新たなる楽曲も御目見得してました。『栄光』も素晴らしいですが、新曲もこれまたイイですね。次なるアルバムが楽しみで仕方ありません。
 
 それと、SHOさんのボーカルが少々変わりましたね。
 歌唱というか発声のレベルでしょうか。少し声に余裕が生まれたように感じました。そのため、以前はギリギリ張りつめた感じだったビブラートにも余裕が出来て、聴く方にも余裕が出てきました。とても良いです。
 以前にも、歌唱法がちょっと変わったかな? と思ったことがあったんですが、上達しようとし続けているんでしょうねぇ。
 同様に、キヨさんのギタープレイも、丁寧さに磨きがかかった感じです。丁寧というと語弊があるかも知れませんが、どうもキヨさんのギターを聴いていると、一音一音をおろそかにせず、音符ひとつひとつを我が子のように愛おしむ、そんな印象があります。
 それが今回、さらに深まった気がしました。
 
 染みるボーカルに、染みるギター。
 これで音楽がおもしろくならないはずはないのです。
 長居出来ず、ライブ終了前にその場を後にせねばなりませんでしたが、この日も、二人のおかげで良い夜になりました。
[PR]

by plummet | 2008-02-11 02:02 | [Ph]Favorite!  

Meine Meinung@秋葉原080202

d0133847_20195568.jpg

 土曜日には都内某所にて定例のストリートライブを行っているMeine Meinungのみなさんですが、前週、その場所が通報祭り会場となってしまったため、様子を見るための意味も含めて場所を変えてきました。夏頃にはひんぱんにストリートをやっていた、秋葉原です。
 秋葉原も今では、休日などかなり厳しい警戒&通報があるんですが、土曜日ならまだゆるやかな日があるとのことで。確かにこの日は緩かったようです。
 
 で、マイマイの記事を書くと、すでにメンバーのみなさんと「馴れ」が出来ちゃってることもあり、写真枚数が多くなりがちで、ブログのページが重くなってしょうがありませんw
 ので、メインの一枚以外は、Webアルバムに一言コメント付で掲載させてもらおうと思います( ´∀`)ノ どぞよろすこ。
 
 
Meine Meinung@秋葉原080202
 
 
 それだけでここが終わるのも寂しいか(・_・)ゞ
 この日のライブでは、後半、妙にオーディエンスとの距離が狭まったセットがありました。前のセットが終わった休憩の時、それでも楽器を弾き続けている内にいつのまにかインスト曲が始まってしまうというパターンで、彼らにはよくあることです。その際、セット終わったから、と近付いていったオーディエンスが、離れずに聞き続けていたのですね。
 
 流れで始まったインストは、アドリブを繰り返し、すっかり常連オーディエンスになった俺でも聴いたことのないフレーズを奏で、テンポを上げていきます。
「これでもか」と誰かが弾けば、別の誰かが「なんのこれくらい」と弾き返す。その繰り返しの波、うねり。音が『演奏される』のではなく、ひたすらに新たに、『生まれ続ける』ような感覚。
 ついにはボーカルすらも『楽器』として参加し、インスト曲がクライマックスを迎えます。

 その一曲の間には、プレイヤーたちとオーディエンスとの間に、ある種の“連帯感”のようなものがあったように感じました。
 その“場”をともに作り上げた、という、“仲間意識”のようなもの。
 
 素晴らしい唄声を聴く時、人は陶酔します。
 しかし、そこには“場”を共有したという意味での満足感はないでしょう。
 逆に、路上で、アドリブで奏でられる音楽には、人をただただ陶酔させる媚薬のような効果は、ないでしょう。
 どちらが良い悪いではなく、それも音楽。あれも音楽。
 どれも音楽で、どれも楽しい。
 そう思った時のとてつもない楽しさ。
 ああ。人は、憎らしいほどに豊かに出来ているのだ、と。
 感動めいたことすら感じてしまうのです。


 心地よい満足感とともに、俺はそんなことを考えていたのでした。
 つまり――




 この日も、良い夜だったということなのです。
[PR]

by plummet | 2008-02-05 20:26 | [Ph]Favorite!  

Meine Meinung@080126

d0133847_17584734.jpgd0133847_17594728.jpgd0133847_1802883.jpg

 Meine Meinung土曜日定例でごわす。この日はセッティング開始がちょいと遅めになったために、荷物運びやセッティング中の様子も撮影できました。機材が多いからなかなか時間がかかりますね。
 
 

続きの写真はここをクリック
[PR]

by plummet | 2008-01-29 18:11 | [Ph]Favorite!  

Meine Meinung@080109&12

d0133847_2214011.jpg

 新年になってから最初に撮影したストリートは、Meine Meinungでした。日本最大の駅、その工事中の路上にて。1月9日のことでした。
 工事をしている関係もあってか、道幅が異様に広く、バンドが展開しやすいのはいいんですが、空間があまりにもあけっぴろげなため、音がどこにも反射しない、というバンドにとっては諸刃の剣な場所です。


d0133847_2222766.jpg

 ボーカルのえりこサン。また祭りにすると本人が「えーっ!」って言いそうなのであえて一枚のみ。
 にしても、斜めに構えて撮ったはいいが、単にそれだけの工夫のない構図でしたね(´・ω・`)背景もちょっとアレ(柱が頭頂に来ている、いわゆる『角が生えた』構図)。
 なんでそんな一枚をチョイスするかというと(´・ω・`)これ以外はブレとピンボケが目についたからです。もっと腕が欲しいのう……
 
d0133847_2231032.jpgd0133847_223329.jpgd0133847_2253145.jpg

 男性陣。この場所にも慣れてきたのかどうなのか、ノリが良くなってきて困ります。なんで困るかというと、演奏中の動きが大きく激しくなって、被写体ブレというのを起こしてしまうからですね。暗いのでシャッタースピードを早く出来ないので、ちょっと動きが大きいともうダメなのです。
 それがいやならフラッシュ焚けばいいんですが、パフォーマンス中には使わない主義なので(´・ω・`)ついでに言うとホワイトバランスもこれで満足してるんですよ俺は。パフォーマンスについては、現場の空気を残したいと思ってるクチなのです。


d0133847_2235535.jpgd0133847_2245959.jpgd0133847_2243380.jpg

 再びえりこサン。この日は白いダウンにキャメル色のロングブーツ。このブーツは初めて見たか? 思わず注目。でも最後の主役はバボちゃん(バスドラム)。


 さて続けて12日にも彼らのストリート。
d0133847_2262189.jpg

d0133847_2255724.jpg

 ……この日は装備のチョイスを完全に失敗した……(´・ω・`)この二枚しかまともに撮れていない……
 しかも、撮影したセットの演奏終了時にK32さんがやって来ました。
 この冬一番、という寒さだったこともあり、この日はそれであえなく終了……
 まぁ続いていても、撮影続行できたかどうかは分かりません。だって指がじりじりとしびれて麻痺寸前だったもんよ(´・ω・`)そんくらい寒かったんです。
 
 
 という中途半端なところで弾切れにてエントリ終了(´・ω・`)ションボリ
[PR]

by plummet | 2008-01-23 02:53 | [Ph]Favorite!  

城直樹@新宿071217

 この冬一番か、と思われた十二月半ばのある日の夜、職場からの帰りにプラップラと新宿周辺をうろつき周りつつ被写体を探してみた。ホントに寒くて、そのせいかストリートにはパフォーマーが全然いない。まるでいない。
 ――と思っていたら、ひとりだけやっている人がいた。これからパフォーマンスを開始しようと準備をしていた姿を見て、「ああ、もしかして」と思った。
 近付いてみて、記憶に間違いがないことを知った。
 福岡を拠点に活動している、ソロ・アコースティック・ギタリストの、城直樹さんだった。
 
 ご紹介遅れて申し訳ないです (同じネタ
(A` )、  ペコペコ
 ノノ z乙

 ギターを撥弦楽器にも擦弦楽器にも打弦楽器にもしてしまい、かつボディもネックも打楽器にしてしまう、特異なプレイスタイルは一見の価値があると思います。こういうのは生のパフォーマンスで見ないと魅力半減ですが、とりあえず写真をドゾ。
d0133847_521114.jpg

d0133847_5249100.jpg

d0133847_531139.jpg

d0133847_533279.jpg


 言葉を費やしてもこのパフォーマンスの価値は伝わらないと思うので、もっとたくさんの写真もドゾ。Webアルバムです。携帯電話にも対応しているので、ケータイからご覧の方にも見て頂けます。できれば、こちらのリンクから動画なんか見てみてもらいたいです。
http://picasaweb.google.co.jp/y3products/071217
[PR]

by plummet | 2008-01-12 05:14 | [Ph]Favorite!  

07年10月以降のMeine Meinungのみなさん

 いやー10月の終わりに一回、11月に一回、12月になってからは数度、マイマイ(Meine Meinungの愛称)のストリートを見て、写真にも収めていたにもかかわらず、ちっともブログにアップロードしてませんでしたすいません(A` )ノz乙 ペコペコ 一行だけどペコペコしますごめんなさい。
 
 というわけで、マイマイ2007年末蔵出し画像一挙公開。
 まずは一番古い10月の画像から参りましょう。
d0133847_445435.jpg

d0133847_455717.jpg

 衣装がまだしも軽やかだった頃ですね。だから横に広がると撮りづらいっつーの。
 普段は中央に位置するボーカルのえりこさんですが、たまにこうして、サイドに移動して「コーラス」のようなところで唄います。こうなると、ボーカルも楽器のひとつ。では主旋律は? ということになるのですが、そこを聴かせるのがバンドとしてのマイマイの腕の見せ所であり、あるひとつの到達点でもあるのです。
 
d0133847_463055.jpg

 お客さん大勢。演奏がノッて来ると、やはり人も集まります。演奏がフィニッシュすると拍手喝采。常連ファンも結構いるマイマイですが、そういう人たちは後ろの方で大人しく聴いており、実はこの立ち並ぶファンの中に「常連」的なひとはほとんどいないのです。
 
d0133847_465143.jpg

d0133847_472291.jpg

 ギターヘッドのペグに注目。12弦ギターです。なんとこの日のギャラリーの中に、以前にもマイマイを見たことがあり、さらに今日は偶然自前の12弦ギターを持っていた、という人がおりまして、その方の好意によりメンバーが弾かせてもらっているところです。
 いやー響きがすごかったですわ、12弦。弾いた二人も「今まで弾いたことのある12弦でダントツに弾きやすくて音もいい」と一致しておりました。こちらも耳福いたしました(そんな言葉あるか)。
 
 
 さて11月以降の写真は、以下に続けてダイジェスト風にお届けします。(´д`;)いやこんだけ長く聞き続けてると、いちいち言及することとか少なくなってくるものなのよ。あと、12月は撮ることもいいが聴くことも大事にしたので、「いいところでガンガン首振っててカメラ構えてなかった」なんてこと多数。とほほ。
 
 
d0133847_404716.jpg

d0133847_481576.jpg

d0133847_485921.jpg

 いちおうこれ、三枚とも違う時の写真です。定番の場所だと、撮る時にもなんか考えないと、いつもいつも同じ構図になってしまうので、2、3枚目にはその跡が見えますね(´∀`;)こういう理由でカメラマンは三脚を持ち歩くのだろうか。
 
 
d0133847_4113488.jpg

 ちっさいお客様(´∀` )良い音楽は小さな子供にとっても良いのです。
 
 
d0133847_4115921.jpg

 年末といえばイルミネーション。手前の街路樹の白イルミ越しに狙ってみました。左の男性が入ってることにその時は気付きませんでしたわい(´д`;)不覚。
 
 
d0133847_4122875.jpg

d0133847_413346.jpg

d0133847_4132957.jpg

 この三枚は、所変わって都心部にて。まぁ見れば分かる人には分かりますが、そう、あそこです。←結局ぼかした
 一枚目のひーろーさん(右端・ギター)の笑顔が素敵すぎますね(´∀` )モナーに似てるモナ。
 
 
 
 さて年末といえばイルミネーション。とまた同じこと書いてますが、そのおかげで、いつもと違う雰囲気のショットが撮れたのは確かです。そういう雰囲気に俺もちょっと気をそそられて、普段はそれほどではないんですが、ボーカルのえりこさんだけ集中して撮ってみました。と言っても、夜・逆光状態・望遠という三重苦のため写真の歩留まりが悪く、それほど枚数はないのですが。
 
 

d0133847_414887.jpg

 とりあえずここではなんなので、Webアルバムにしてみました。(´∀` )上のサムネイルからどうぞご覧下さい。えりこさん祭り。
 
 あ、男性陣不公平ですか。じゃあ男性陣祭り。
d0133847_4144011.jpg

d0133847_415285.jpg

 二枚で終了(´∀` )←ヒドス
 
 
[PR]

by plummet | 2008-01-08 04:23 | [Ph]Favorite!  

こころね@錦糸町071130

d0133847_054691.jpg

 11月の地獄の修羅場をくぐり抜けて帰って参りました(`・ω・´)更新一発目はやはり「こころね」から。
 思えばもう一年半ほどにもなるんでしょうか、「こころね」と出会ってからは。それがなければこうして路上をヲチすることもなかったでしょうし、写真を始めることもなかったでしょう。なにか感慨深いものがありますね(´-ω-`)んー。
 
 さてこの日は遠巻きに聴きながら、なにやらこっそりと望遠でパチリ。そのため写真粗いですね。
 なんとなく久々に、この夏の新曲『栄光』を聴くことができてマンゾクしました。かっくいい曲です。彼らは池袋、大井町、品川方面にも出没しているとのことなので(俺は錦糸町専門ですが)、お近くの方はぜひ足を運んでみてください。
[PR]

by plummet | 2007-12-02 03:55 | [Ph]Favorite!  

Meine Meinung@定例ストリート071020

d0133847_050561.jpg

 Meine Meinung恒例錦糸町路上。この日はとくに通報されることなく通して楽しめました。メンバーのフレーズがちょいとずつ変化していってるのは先週同様。
 ちなみにMeine Meinungのレパートリーには、ジャズのスタンダードなナンバーも入っていて、例えば『Fly me to the moon』がボーカルありとインストで演奏されたり、『Game of love』が唄われたりするわけです。近年、錦糸町にも外国人(観光客よりは定住者)が増えまして、英語圏らしきそういう人が足を止めたりするのは、やっぱりこういう曲の時が多そうです。
 そういうスタンダードナンバーではピアノが付き物なんですが、マイマイの場合、キーボードがないので新鮮なアレンジとして聴くことが出来ます。興味ある方は週末の錦糸町へ足を運んでみてはいかがでっしゃろ(´∀` )

d0133847_0514093.jpg


 一日通しで一回くらいしかやらない、メンバー紹介曲の中の一こま。ドラムのタカさんがスティックをくわえているのは、芸のひとつです(´∀` )たまにスティックすっ飛ばすよね。
 
d0133847_0522363.jpg


 プレーヤーたちが同じ演奏ばっかでは飽きるように、俺も同じような構図ばっかで飽きが来ました(´∀` )
 これはステージの合間の一こま。この日は普段よりちょっとズレた位置にセッティングしていて、看板が街路樹の下に置かれていました。普段は街灯の下なんだけども。
 そういえば何故その位置になったのか聞くの忘れたな。
[PR]

by plummet | 2007-10-24 15:19 | [Ph]Favorite!  

こころね@錦糸町071012

d0133847_0475912.jpg

 夏を過ぎてから、俺が個人的に一番好きな曲『この雪が溶けてしまうくらいに』が路上のレパートリーに復活したのでうれしい限りなんである。まぁさすがに真夏に「この雪が……」ってのもないわな。
 いつもながらにメリハリの聞いたSHOさんのボーカルを楽しんだ。
 彼らのレパートリーの中には、チューリップの著名曲『青春の影』がある。「君の心へ続く長い一本路は……」というアレ。これが、夜の錦糸町のビジネスマンたちには効くらしく、毎度毎度、結構な数のスーツ姿が足を止めてくれる。きっかけはその懐かしさだとしても、最後にCDを買っていく人もいるということは、やはり彼らの歌に力があるということだろう。
 
 歌果てて余韻買うたる夜長かな

d0133847_0483419.jpg

d0133847_049155.jpg

[PR]

by plummet | 2007-10-19 20:01 | [Ph]Favorite!