和装侍系音楽集団 MYST

d0133847_3223173.jpg

 なぜ侍なのか? それは分からない。ノリノリでファンキーかつポップなサウンドなのに。Vo.、Dr.、Ba.の三人編成。路上ではドラムではなくコンガ等のパーカッションを用いる。
 公式サイト、自己紹介ページより抜粋引用。

2003年、現在の形で始動、2003年11月、インディーズレーベルキラキラレコードよりフ ァーストアルバム『一身上の都合により・・・』にて全国流通でCDデビュー。 現在インディーより2枚のアルバムをリリース。さらに上のステージを目差すべく、セルフマネージメントにて、ライブ活動を継続しつつ、マネージメントオフィスを探して奔走中。

ジャンルはロックでありながら、視覚部分は「和」のテイスト。キャッチーなメロディーに電気楽器(エレキギター)を使わないアコースティックロックの音は、比較的耳にも優しく、幅広い年齢層の方に受け入れていただいている。コミカルに見えるが、楽曲にコミックの要素は一切無し。また、歌詞も現代J-POPであり、特に時代がかった歌詞を乗せる訳ではない。いわば、「ギャップが勝負」のバンドであるが、実は衣装にはコンセプトがあるのだという。(ワンマンライブのトークなどで密かに明かされている)。

 浪人の風体で二本差しまでしていながら、これでもかというくらい爽やかでポップなサウンドを聴かせる、摩訶不思議な楽団。路上で刀は抜きません。危ないから。ちなみにVo.担当の佳上哲也氏はホンモノの居合術有段者とのこと。
 パフォーマンスは激しく、大きい。おかげでブレない写真が一枚も撮れない。MCで「撮った写真動画はWeb公開ブログ公開Youtubeニコニコ動画公開なんでもござれ」と言ってのける太っ腹なので次回以降は動画にチャレンジ予定。

 見ていて楽しいが、ある種の危なっかしさ(抜くのか!?)もつきまとう諸刃の剣なバンド。路上だと「大道芸人とストリートミュージシャンの真ん中」のような立ち位置なのか。(おひねりはいりません)



■公式サイト
和装侍系音楽集団「MYST.」ホームページ ※中身はPCとケータイに分かれる
   →PC用TOPhttp://www.kagami.tv/myst/pcenter.html
   →ケータイ用TOPhttp://id3.fm-p.jp/57/myst2524/


■試聴希望ページ
http://www.kagami.tv/myst/haihu.html
・メールで希望すればMP3を配布してもらえる模様。
[PR]

by plummet | 2007-10-08 15:52  

<< ATK@新宿071010 神田浩一 >>